不動産担保ローンで窮地を乗り切りました

無担保はむしろ危険なもの

不動産担保ローンで乗り越えられた / 金利が低くて良かった / 無担保はむしろ危険なもの

最近は無担保で融資をするようなローンがかなりあるようですが、この方がむしろ危険だという事を自分などは感じます。
何しろ金利がとんでもないものになっていて10%を超えるような暴利も平気であるようですから、そのような事になれば、金利負担の方が元の借入金よりも多くなってしまう事にもなるでしょう。
この金利マジックという極めて怖いものを自覚しなければローンは利用してはいけないと考えます。
不動産担保ローンはその点では、必ず返済計画を作成して返済が出来るという事を確認しますから、この点は良い所という事が言えるのかもしれない。
自分の不動産を担保にするわけですから、これがとられてしまうような事は絶対に避けなければなりません。
これは当たり前のことですが、人のお金を借りるという事はそれだけのリスクを背負うモノだという事を自覚しなければならないという事もいえるはず。
自分の不動産を担保にすれば、これ以上の自覚はないといって良いぐらいに意識をする事になりますから、これは考えるべき方法という事が言えるのかもしれない。
自覚無くして人のお金を借りることなどあり得ませんから、不動産担保ローンを基本として考えても良いのかもしれません。